NFT

【超具体的に解説】初心者向けNFTアートの始め方・作り方・販売方法まで

Pocket

この記事で解決できるお悩み

✓そもそもNFTって何?

✓NFTって何のためにやるの?

✓NFTって誰でもできるの?

✓NFTアートって儲かるの?

✓NFTアートの始め方、作り方、販売方法がわからない。

✓NFTアートの購入方法がわからない。

✓オススメの仮想通貨取引所が知りたい。

✓Polygon(MATIC)ネットワークの使い方がわからない。

✓Polygon(MATIC)ネットワークを利用する為のガス代を安くすませたい。

注意

仮想通貨の世界は、詐欺やハッキング、あとは操作ミスをしてしまうと

お金がどっかにいっちゃうーってことも多々あり得ますので、自己責任でお願いします。

そんなことがなるべく起きないように

この記事では、注意点も踏まえて7つのステップ、画像付きで超具体的

作り方から販売まで、一連の作業手順を解説していきます。

私も仮想通貨を触ったことがない超初心者でした。

そんな私が初心者の方向けにわかりやすように解説しています。

本記事の内容を実践すれば、NFTの作り方から販売、購入まで身につけることができます。

【自己紹介】

bellchi(べるち)@bellchi_nft というハンドルネームで活動しております。

3つのコレクションを運営していて、総売り上げは、0.26ETH

Yukinko Gallery・・・主にCryptpNinjaなどの二次創作品、FanArtのコレクションです。

Animal hoodie cute girl・・・動物パーカーを着たかわいい女の子のコレクションです。

Japanese Youkai Amabie Collection・・・疫病封じの妖怪アマビエをかわいくデザインしたコレクションです。

Contents

NFTアートの始め方・基礎知識

NFT(non-fungible-token)とは

非代替性トークン

ブロックチェーン上に記憶され、記憶された画像などは唯一無二の存在となります。

今までですと画像は簡単にコピーすることができましたが、NFT化することで

それがブロックチェーン上に記載されていなければ、違法にコピーされたものだと

わかってしまいます。デジタルデータが唯一無二のものだと証明できる

画期的な技術がNFTです。

NFTって何のためにやるの?

今まで商品を売るにしても世界に向けて個人の商品を販売することは容易ではなかったと思います。

それを可能にしたのが、ブロックチェーン技術で画像や写真、音楽など

しかも簡単に世界を相手に個人の商品が販売できるようになりました(注意!売れるかどうかは別ですよ)

そのため、イラストレーターさんやクリエーターさんを始め、初心者の方でもどんどん参入しています。

クオリティが高くないとやっても無理でしょう! → いえ、そんなことはないです。

もちろんクオリティが高い方が売れやすい傾向はあるかもしれませんが、

結局、商売なのでマーケティングが命です。

NFTって誰でもできるの?

NFTは、スマホ、PCがあれば誰でもできます。

あと、仮想通貨も必要になりますね。

また、セキュリティ対策は、万全にする必要があります。

さらに個人のセキュリティスキルも重要となってきます。

今までは銀行などセキュリティの面で守ってもらってると思いますが、

仮想通貨の世界は、自分で守っていく必要があります。

今、NFTが注目されている理由

小学生の書いたドット絵が数百万円で売れた。

NFT界隈では有名な話で、このニュースを見てNFTを始めた方も多いのではないでしょうか。

さらに、無名のアーティストでも一瞬にして数千万、数億円を稼いだという話を目の当たりにしてきています。

Facebookが社名を「Meta」に変更したのも有名かと思います。

NFTとともに注目されているのがメタバース(仮想世界)及び、NFTに注力していくことを意味しています。

Twitter や InstagramもNFT参入を表明しています。

Twitterは海外では、アイコンがNFTとの連携が始まっており、これらが浸透してれば

NFT産業は爆発的に拡大されると言われています。

NFT化できるもの

世界最大のマーケットと言われるOpenseaでは、

JPG, PNG, GIF, SVG, MP4, WEBM, MP3, WAV, OGG, GLB, GLTF のファイルに対応。

画像や、動画、音声、3D Modelなどが簡単NFT化することができます。

NFTアート販売は儲かるのか?

NFTアートを販売するメリット

ポイント

1.デジタル資産を唯一無二のものとして証明できる。

2.デジタル資産を世界に向けて販売・購入ができる。

3.デジタル資産の販売及び、二次流通による利益が得られる。

特に二次流通による利益が得られる点ですが、

今まで中古品を売って、その先へ先へ売り渡ったとしても

元手には何も還元されなかったと思います。

しかし、NFTアートは二次流通すればするほど、ロイヤリティが入ってきます。

NFTアートを販売するデメリット

1.世界に向けて販売する反面、盗作もされます。

NFTは、まだ新しい産業の為、法律が整っていませんので、

平気でコレクションがそっくり盗作されて販売されている話をよく聞きます。

2.販売の仕方によっては、日本の法律に引っ掛かることも

法律が整備されていない反面、販売の仕方によっては、賭博法や景品表示法に

引っ掛かるようなこともありますので、注意してください。

それでは、NFTアートの始め方について順を追って解説していきます。

売れているコレクション(代表例)

CryptoNinja NFT

NFTの先駆者とも言われる @IHyatoさんが手掛けているコレクションです。

volume traded は、200ETHを誇ります。

その派生プロジェクトして生まれた CNP が国産ジャネラティブプロジェクトしては、国内№1を誇ります。※2022年7月24日現在

最初に持つNFTは、CryptoNinja Partners(CNP)で決まり!!

onigiriman's cute girl Collection

日本のNFT業界を引っ張っててると言っても過言でもない @onigiriman1998 さんのコレクションです。

volume traded は、263ETH

ジェネレーティブ作品のNFT 3,000枚が1日で完売したのは有名です。

Kawaii Skull

こちら海外のインフルエンサーの目に留まり爆発的に売れた @kawaiiskull_nft さんのコレクションです。

10,000体を手動でコツコツと上げていき、そして一つの事をきっかけにして開花した。いやーすごいの一言です。

volume traded は、762ETH

さて、早速、始めていきましょう。順を追って解説していきます。

仮想通貨取引所の口座を開設する

まずは、仮想通貨が必要になるので仮想通貨取引所の口座を解説しましょう。

NFTを始めるにあたって、ETH or Polygon どちらのネットワークを利用するかによって

購入する仮想通貨が変わってきます。

(※ここで紹介する内容は一つの方法と考えてください。方法としてはいく通りもやり方があります)

ETH(イーサリアム)

 

NFTを出品するにしても買うにしてもガス代がかかります。

(日により変動しますが、1回数千円~数万円です)

アートに自信があり、売れる確信がある方におすすめ。

polygon(ポリゴン)[MATIC(マティック)]とも呼ばれます)

ガス代がほぼほぼかからないのが魅力です。

初心者にはコチラがおすすめです。

但し、ETHで買うよりは事前の準備がやや必用になります。

でも大丈夫です。やり方はすべて解説していますので。

また、ガス代がかからない反面、ネットワークがつながりにくなどの通信障害の問題もあり。

さて、それぞれについて詳細を解説していきます。

仮想通貨取引所・取引価格比較4選

ETH(イーサリアム)ネットワークを使用する場合におすすめする仮想通貨取引所は、GMOコイン です。

オススメポイント1:スプレッド差が圧倒的に少ない。

販売所で仮想通貨を購入する場合のスプレッド差が少ない。

※基本的には、販売所での購入はおすすめしません。

オススメポイント2:送金手数料が無料。

仮想通貨を購入したら、自身のメタマスクや海外の仮想通貨取引所へ送金することになりますが、

送金手数料が無料です。

主要取引所の相場を比較してみましょう。

BTC(ビットコイン)相場

  売る買うスプレッド
bitFlyer販売所¥4,940,007
¥5,245,551
¥305,544
取引所¥5,086,352
¥5,089,585
Coincheck販売所¥4,934,859
¥5,242,189
¥307,330
取引所¥5,088,552
¥5,090,371
bitbank販売所¥5,008,702
¥5,162,235
¥153,533
取引所¥5,086,010
¥5,087,827
GMOコイン販売所¥5,050,201¥5,121,403¥71,202
取引所¥5,089,749¥5,087,350

ETH(イーサリアム)相場

  売る買うスプレッド
bitFlyer販売所¥157,460
¥168,683
¥11,409
取引所¥163,000
¥163,000
Coincheck販売所¥157,669
¥169,774¥12,105
取引所
bitbank販売所¥160,194¥168,009¥7,815
取引所¥163,900
¥163,900
GMOコイン販売所¥157,749¥165,352¥7,603
取引所¥163,161¥163,161

ご覧のように販売所で取引した場合、スプレッド差が少ないものが GMOコイン になります。

基本は、スプレッド差のない取引所での売買をお勧めします。

送金手数料などの比較(ETH)

仮想通貨
取引所
スプレッド差得点送金手数料得点最小数量得点取引手数料
Maker
得点日本円
出金手数料
 得点得点合計
bitbank¥7,81540.005 ETH30.001 ETH4-0.02%(ETH/JPY)5550円/
770円(3万円以上)
218
bitFlyer¥11,40930.005 ETH3----- ETH3-----2220円/440円
(3万円以上)
三井住友銀行 の場合314
Coincheck¥12,10530.005 ETH30.00000001 ETH50%3407円418
GMOコイン¥7,6035無料50.1ETH
全額送付は下限無
4-0.01%(ETH/JPY)4無料大口出金400円523

仮想通貨取引所の比較詳細はコチラ

関連記事
【ビットコインはどこで買うべき?】おすすめ仮想通貨取引所4選比較レビュー

ネットワーク別資金準備方法を解説します。

ポイント

ETH(イーサリアム)

GMOコインでイーサリアムを購入して、METAMASKへ送金。

ポイント

Polygon(ポリゴン)

GMOコインでビットコインを購入→AscendEXで少量のMATICを購入→METAMASKへ送金。

今なら①の手順は不要、②の手順のみ!

※2022年2月9日現在、JPYCを購入するとMATICがもらえるようです。

日本円ステーブルコインのJPYC|Polygonチームとの戦略的協業合意を記念して、MATIC配布キャンペーンを開始

②JPYCでJPYCを購入→QuickswapでJPYCをETHにスワップ。

GMOコイン、bitFlyerの登録方法で解説していきます。基本的にはどの仮想通貨取引所も流れは同じです。

GMOコインの具体的な登録方法

関連記事
【画像付きでわかりやすく解説】GMOコインの口座開設方法

ポイント

bitFlyerは、定期積立や普段クレジットカードを使用してビットコインが貯まるほか

キャンペーンも充実しているのでおすすめ。

bitFlyerの具体的な登録方法

関連記事
【画像付きでわかりやすく解説】bitFlyer 登録方法

他の仮想通貨取引所との違いを知りたい方

bitbank、bitFLyer、Coincheck、GMOコイン メジャーな4社を比較しています。

関連記事
【ビットコインはどこで買うべき?】おすすめ仮想通貨取引所4選比較レビュー

仮想通貨を購入する

bitFlyerで具体的に仮想通貨を購入する方法

関連記事
【画像付きでわかりやすく解説】bitFlyerの使い方、仮想通貨を購入する手順

ポイント

Openseaで取引するネットワークにより購入する仮想通貨を検討してください。

当サイトでの推奨は

イーサリアムの場合:仮想通貨取引所でイーサリアムを購入してMETAMASKへ送金。

Polygonの場合:JPYCでJPYCを購入して、QuickSwapでJPYCからETHにスワップする。

※スワップには、MATICが必要になりますので事前に準備してください。

※2022年2月9日現在、JPYCを購入するとMATICがもらえるようです。

日本円ステーブルコインのJPYC|Polygonチームとの戦略的協業合意を記念して、MATIC配布キャンペーンを開始

その他のMATIC購入方法は、国内の仮想通貨取引所で取引ペアになっている仮想通貨を購入して、海外取引所へ送金を行いMATICを購入します。

MetaMask(財布)をインストールする

MetaMask(財布)のインストール方法

MetaMaskとは、イーサリアム系ブロックチェーンの通貨やNFTを一括で 補完・管理できるソフトウェアウォレットです。

関連記事
【画像付きでわかりやすく解説】METAMASKのインストール手順

Polygonを使う場合は、Polygon(MATIC)ネットワークを追加してください。

関連記事
【画像付きでわかりやすく解説】MetamaskのPolygon設定から始め方まで

最近、METAMASKをハッキングされたという話を良く耳にします。

運用用と資産保管用に2つ以上ウォレットアドレスを作成しておくことをお勧めします。

MetaMaskへ仮想通貨を送金する

ポイント

Openseaで取引するネットワークにより購入する仮想通貨を検討してください。

当サイトでの推奨は

イーサリアムの場合:仮想通貨取引所でイーサリアムを購入してMETAMASKへ送金。

Polygonの場合:JPYCでJPYCを購入して、QuickSwapでJPYCからETHにスワップする。

※スワップには、MATICが必要になりますので事前に準備してください。

※2022年2月9日現在、JPYCを購入するとMATICがもらえるようです。

日本円ステーブルコインのJPYC|Polygonチームとの戦略的協業合意を記念して、MATIC配布キャンペーンを開始

MATICの購入方法は、国内の仮想通貨取引所で取引ペアになっている仮想通貨を購入して、

海外取引所へ送金を行いMATICを購入します。

イーサリアムの場合

仮想通貨取引所 bitbankから MetaMaskへイーサリアムを送金する方法

関連記事
【画像付きでわかりやすく解説】OpenseaでNFTアートの購入手順を解説!

MATICを購入する方法

ポイント

本記事内にて、AscendEXでMATICを入手してPolygonへ送金する方法を解説してます。

関連記事
【画像付きでわかりやすく解説】MetamaskのPolygon設定から始め方まで

Polygonの場合

MATICを準備した上で、PolygonへはJPYCを購入して、QuickSwapでETHにスワップする方法がお勧め。

関連記事
【画像付きでわかりやすく解説】JPYCとQuickswapでPolygon MATICやETHにスワップ

Openseaにアカウントを登録

Openseaにコレクションを作成する

Openseaで作品を販売する

Openseaのアカウント登録から販売までについて

関連記事
【画像付きでわかりやすく解説】OpenseaでNFT化・出品する手順

さて無事にNFTアートを作成して販売、または購入まで出来ましたでしょうか?

アイキャッチ画像は、Photo by Pawel Czerwinski on Unsplash

Pocket

-NFT
-,

© 2022 夢ゆとり生活