NFT

【必要か否か?】NFTアート ロードマップの作り方

Pocket

この記事で解決できるお悩み

✓ロードマップって何?

✓NFTアート販売にロードマップは必要か?

✓NFTアートのロードマップの作り方がわからない。

NFTアート販売を始めて、ロードマップが必要って聞くけど必要なのかなー?

そもそもロードマップって何?

ロードマップの作り方がわからない。

そんな疑問にお答えします。

本記事では、私が運営しているコレクションのロードマップを参考に

ロードマップの作り方と必要性について解説していきます。

【自己紹介】

bellchi(べるち)@bellchi_nft というハンドルネームで活動しております。

3つのコレクションを運営していて、総売り上げは、0.10ETH

OpenseaのNFTコレクションはコチラ

NFTアート ロードマップ_bellchi_STUDIO NFT

私が運営しているコレクションのロードマップです。

全体的なコレクションの販売スケジュール

各コレクションの作品と目標、販売情報など

NFTアートとセット販売されるアバター(VRoidで作成)の紹介

販売実績、スタッフ紹介

これはちょっとおまけ的な感じで付けました。

さて、ロードマップって一体なんなの?について解説します。

ロードマップって何?

ロードマップとは?

ロードマップとは、具体的な目標を掲げて、目標達成する為にやるべき事、困難なことを挙げて

達成までの大まかな全体スケジュールを時系列で記載したもの。

ロードマップに書かれること

ポイント

・目標:何を達成するために

・期限:いつまでに

・何を中間目標にして

・挑戦課題を明確にして

・どのようして実施するのか

ウィキペディア ロードマップ

NFTアート販売にロードマップは必要か?

2022年2月20日現在、実際にロードマップを書いて売り上げがあがったとかはありません。

ただし、ロードマップはあったほうがコレクターの方も

ポイント

・将来性があるなとか

・真面目にコレクションを運営してるなとか

の判断にはなるかと思います。

以下、ロードマップについて頂いたコメントです。

https://twitter.com/harumama3232/status/1492869433794400256?s=20&t=VOB9gAo8_7Z8QZO2bg6twQ

でも実際問題、私もNFTを買うときにロードマップまで見て購入したことはありません。

ロードマップを実際書いてみて良かったことですが、

ポイント

・今運営しているコレクションの整理ができた。

・実際に今後売り上げを伸ばすために、何が必要か見直すことができた。

どちらかと言うと、コレクターさんに向けての発信というよりも

自身のコレクションの今後の展開について、目標や目標達成に向けて

実施していく内容を見直すことができたのが良かったです。

ロードマップを作ろうかなと思った方は、ロードマップの作り方を参考に作成してみてください。

NFTアートのロードマップの作り方

私の作成しているロードマップを参考例として記載していきます。

”ロードマップに書かれること”の項目に

ご自身のコレクションの運営方法について当てはめて行きます。

目標:何を達成するために

例:各コレクション のFloor price 底上げ

​Floor price 0.03 → 0.05 ETH

期限:いつまでに

例:~2022年9月

何を中間目標にして

例:SNSを活用して認知拡大、Twitterフォロワー1,000人を目指す。​~2022年6月

挑戦課題を明確にして

例:3DCGソフトを駆使してよりクオリティの高いアバターを提供。​

どのようして実施するのか

例:SNSを活用して認知拡大と3DCGを駆使してクオリティの高いアバターを作成。

 

さて、NFT アートコレクションを販売していく上で、よくロードマップは必要だよと言われています。

実際、私も書いてみて良かったのは、自身の運営しているコレクションの

目標・目標達成に向けて実施することを整理できたことです。

さらにロードマップを公表することで決意表明にもなります。

まだ、NFT の市場は立ち上がっていない状況ですので、果たしてロードマップの

作成がどういう影響をおよぼすのか楽しみですね。

関連記事
【経験談】NFTアートが”売れない”から”売れた”までに実践した方法
Pocket

-NFT
-,

© 2022 夢ゆとり生活